我々の業務は、火災から人命と財産を守るためにあります


  しかしながら保険と同様、普段、役に立つ機会はほどんどありません。そのような設備でありますので、経済的観点も含め、どちらかといいますと隠された存在となっております。しかし、有事の際には、人命と財産を守る設備であることは、間違いありません。
  当方では経済的負担を極力少なくし、少しでも多くの防火対象物が安心できる消防設備を維持できますよう点検・保守に努力してまいります。
  また、消防設備点検は、防火管理の1部に過ぎない観点より、トータル的な防火管理をご提案してまいる所存です。

  
  0

2012年10月07日

連結送水管 放水口案内図


放水口の案内図設置の取り付け依頼をいただきました。
火災の際に消防隊が建物のどこに、放水口があるのかを確認する為に、送水口の近い位置に設置されています。

当然ですが、建物によって放水口の位置は異なりますので、案内図は全てオーダー品となります。
0 取付前です。送水口の付近には、案内図がありません。
0 送水口の付近に、案内図取付ける為の穴をほりました。
0 ブロックを基礎にして案内図を設置します。
固定には、コンクリートを使います。
0 取付け完了です。


関連記事:連結送水管耐圧試験
posted by エル at 06:41| 連結送水管設備

2012年10月05日

屋内消火栓起動装置の取替

屋内消火栓を起動するには、現在はほとんどが、自動火災報知設備の発信機を押すことで起動させるシステムです。
しかしちょっと古い建物ですと、専用の起動装置がついているところもあります。

今回は、その専用起動装置の劣化品の取替をしました。
0 屋内消火栓 専用起動装置(取替前)
(左側に赤く丸いものが見えますが、それが自動火災報知設備の発信機です)
0 屋内消火栓 専用起動装置(取替中)
0 屋内消火栓 専用起動装置(取替後)


関連記事:屋内消火栓設備
posted by エル at 05:04| 屋内消火栓設備

2012年09月25日

ちょっと前の話

ちょっと前の話ですが、こんな避難器具の取付も行いました。

固定式の避難用すべり台です。

0

建物に固定され、ほぼ完成です。

すべり台本体は、メーカー工場にて作製され完成品として運搬されてきます。現地にては、建物躯体に固定するだけです。
0

すべり台を固定するために、躯体自体の工事が必要でした。取付前の工事の様子です。

躯体工事の様子です。
0

すべり台の足元の固定の様子です。


関連記事:避難設備
posted by エル at 18:17| 避難設備

本日の連結送水管耐圧試験


本日は、名古屋市内の7階建てのマンションの耐圧試験を行いました。
0 送水口より、規定値まで圧力を加えてまいります。
0 屋上にあります、逆支弁およびバルブ(保温の中)。
逆支弁が機能しておらず、配管内の圧力保持ができませんでした。


関連記事:連結送水管耐圧試験
posted by エル at 17:31| 連結送水管設備

2012年09月21日

お問合せ

本日、お問合せの電話をいただきました。

お客様:”連結送水管の耐圧試験、いくらですか?”

私:”1系統概算××××円です”

お客様:”概算でなくて、ずばり幾らですか?”

私:”近々現地調査にお伺いしてよろしいでしょうか?”

お客様:”時間がないので、今教えてください”

私:”・・・・”

大変申し訳ございませんが、連結送水管耐圧試験の御見積りは、拝見しないと数字がだせないのです。

稀に、非常に作業のむずかしいケースがあるからです。

本日のお問合せの方には、残念でしたがご満足いただける回答はできませんでした。




関連記事:連結送水管耐圧試験
posted by エル at 19:07| 連結送水管設備


0エルタイム株式会社